圧倒的な大学受験対策




就職協定が復活し就職内定率は下がり、就職活動も「脱ゆとり」となったと言えるでしょう。
学部によりますが、例えば、成蹊大学が法政大学から青山大学レベルに、
武蔵大学が法政大学レベルに、学習院女子大学が、法政大学から青山学院に迫り、
マーケティング学科が増え、ますます難易度の上昇が予想される産業能率大学が、日本大学レベルになっています。
従って、就職率と受験の難易度は、しばらくはリンクするでしょう。
こういった社会情勢等を踏まえた受験のアドバイスを行っていきます。




英語は出来るけど、国語はテストだと取れない。英語の文法は得意だけど、
長文は苦手といった生徒個々の弱点を見つけ徹底した対策を行っていきます。

また、各大学の問題や傾向、配点により生徒との相性があります。
その相性をつかみ、より効果的な受験対策及び受験指導を行います。


特訓講座により私立大学は全受験科目、国公立は二次とセンターの苦手強化をフォローします。
それにより、各大学の出題傾向をつかむだけでなく、大学受験ならではの出題の仕方に対する
ケーススタディーを積んで万全な受験対策を行います。

毎年多くのの生徒が現役で志望校への合格を果たしています。
特に特訓講座を受講した生徒は、志望校ばかりでなく、
実力以上の大学にも合格を果たした生徒もいます。