大学受験現役合格率95%以上

※ 過去5年間の塾の実績




大手予備校も縮小していく中、これからは現役合格を目指し、生徒個々のニーズに応える個別指導が、高校生においても注目されています。

大学もスーパーグローバル大学の認定等、その力が問われる時代となってきます。

特に、2016年度からの就職における採用の選考解禁日の変更(8月1日)により、大学の真の実力が問われます。

そうした状況においては、生徒個々に最も将来に有利な大学はどこか検討し、アドバイスを行い対応していくことが必要となってきます。

過去の偏差値や知名度だけで大学を選択する時代は終わりを告げ、スーパーグローバル大学に代表される真の実力のある大学、即戦力の学生を育て、高い就職率を誇っている大学、就職に有利な資格の取れる学部や資格試験の合格実績の高い大学が評価される時代になってきます。

個別指導は、そうした時代のニーズを先取りし、生徒一人ひとりの将来を見据えた授業、受験のアドバイスを行い、現役合格率90%以上という高い確率で受験を成功へと導いていきます。

スーパーグローバル大学創成支援

世界レベルの教育研究を行うトップ大学や、先導的試行に挑戦し我が国の大学の国際化を牽引する大学など、徹底した国際化と大学改革を断行する大学を重点支援することにより、我が国の高等教育の国際競争力を強化することを目的としています。
○ タイプA(トップ型)
世界ランキングトップ100を目指す力のある大学を支援

○ タイプB(グローバル化牽引型)
これまでの取組実績を基にさらに先導的試行に挑戦し、我が国社会のグローバル化を牽引する大学を支援

◇専門学校も変わりました!職業実践型専門課程=認定校が発表されています。
専修学校の専門課程であって、職業に必要な実践的かつ専門的な能力を育成することを目的として専攻分野における実務に関する知識、技術及び技能について組織的な教育を行うものを、「職業実践専門課程」として文部科学大臣が認定し奨励することにより、専修学校の専門課程における職業教育の水準の維持向上を図ることを目的とするものです。

|< << >> >|