「公立高校入学者選抜制度」についてはコチラから


公立高校入試の合格得点予想


公立高校の志望校の選択で困っていらっしゃいませんか?

 ・入試制度が新しくなってよくわからない。

 ・初めて高校受験を経験する。

 ・上の子との違いがよくわからない。

 ・高校ごとの難易度がわからない。

 ・入試と内申と面接の比率によってどれくらい変わるのだろう。

            ・・・・・・といったいろいろな疑問をお持ちの方も多いでしょう。


でも一番知りたいのは、

『今の内申点で何点取れば、どこの高校に受かるか、

         あるいは、志望校には何点で受かるのか』

                          ではないでしょうか!



内申点の合計(中2成績+中3成績×2)で、公立高校の合格に必要な得点が予想できます!
※ 下記表参照!


新入試制度においては、偏差値だけで難易度を図ることはできません。

入試得点のウエイトが高い高校もあれば、内申点のウエイトが高い高校もあります。それにより、お子様の状況に応じて、合格に必要な得点も変わります。

内申点が伸び悩んだ生徒は、内申点のウエイトが高い高校(6:2:2等)は不利になりますが、入試のウエイトが高い高校(2:6:2等)では本番での逆転も可能です。

これも入試得点が、予想できなければ、正確に把握できません。

入試得点が予想できることにより、目標が明確になり、受験勉強をやっていく上で不安の解消にもつながりますし、やる気をアップさせることにもなります。

また、無理だと思っていた高校が、目標校に変わるといった前向きな志望校の変更もあり得ます。


主な具体例はコチラから→

◎ 中2の最終の成績表と中3の仮の通知表をお持ち下さい。予想得点を判定します。